1. >
  2. >
  3. ハリネズミの飼育場所
コーンリータ

ハリネズミの飼育場所

コーンリータ
引用:コーンリター – Hari Net -ハリネズミ用品通販 専門店-

ゲージの用意

小さくてかわいらしい姿のハリネズミは、ペットとしても人気があります。
ただどこで飼育しても良いかと言ったらそうではなく、適している環境で飼育してあげる様にしましょう。
まず飼育をする時は、ケースを用意する必要があります。
サイズから行くと衣装ケース等は便利ですが、温度調節をする為のヒーター等で溶けてしまう事があるので注意しましょう。
そこで便利なのがステンレス製のケージです。
サイズはウサギ用位の方が広々としているので、より良い環境に出来ます。
ケージ自体は塗装してある物もありますが、その塗装をかじって体内に取り込んでしまう事があるので、出来れば無塗装のステンレス製を選んであげましょう。

床材の準備

ケージを用意したら、次は床材を用意する様にします。
臭い、吸収性、衛生面から行くと、コーンリターが便利です。
トウモロコシでできているので、もし万が一ハリネズミがそれを食べてしまったとしても心配の必要は有りません。
猫のトイレ用砂とかでもいいのですが、時にはアレルギーを起こしてしまう事があるので注意が必要です。

寝床の準備

床材を用意したら次は寝床の準備です。
と言ってもベッドを用意する必要はなく、まずはハリネズミが隠れる事が出来る場所を作ってあげる様にしましょう。
サイズはその体よりも少し大きい位にしておくと快適に過ごせます。
こうして飼育するケースの準備ができたら、次はそれを部屋のどこに置くかを決めます。
ただこの場合どこに置いても良い訳ではなく、出来るだけ静かな場所に置いてあげる様にしましょう。
大きな音がするものの近くに置いてしまうと、それだけでストレスを与えてしまう場合があるので注意が必要です。
リビングのテレビの横等においてしまう事も有りますが、騒音の面から行くと余り良い環境とは言えません。
したがってベストな場所は、まずは直射日光が当たらず、また適度に静かな場所、さらに余り温度変化が激しすぎるところは良くないので、ある程度温度が一定と言えるところにしましょう。
振動等もストレスとなるので、出来れば人が通らないようなところに置いておくのがベストです。
できればケージの一面でも壁に接しているような場所にする方が、より落ち着いて生活ができるようになります。
またもしハリネズミ以外にも肉食のペットを飼っている場合は、そのペットとハリネズミが接触しないようにしなければいけません。
ストレスを軽減し、感染症を防ぐ為にも置く場所には注意が必要です。