繁殖の手順

上手な繁殖方法は

ハリネズミの繁殖をするときは、オスメスの相性が大切です
基本的に繁殖は1年中できますが、春や秋といった気温が穏やかな時期が向いていますから、この時期はぎりぎりといったところでしょう。
この時期に知識をしっかりためて、春に挑戦するというのもいいですね。
冬は赤ちゃんが弱ってしまいますから、温度調整などが非常に難しくなります。
オスとメスの組み合わせですが、お互いの存在を認識させることからはじめなければなりません。
たとえばケージを隣同士にしてみる、においのついた床材をお互いの寝床に入れてみるなどしてみましょう。
会ってからはタイミングを見て交尾になりますので、その後は別々のケージに移します。
喧嘩をするようであれば一度分け、もう一度機会を伺いましょう。
喧嘩をしたときには、両者共に興奮していることが多いため、かまれる場合があります。
手袋を忘れずにしましょう。

喧嘩を特にしないようなら、毎晩引き合わせたり、短期間同居をしてみましょう。
期間は4、5日同居、4日別居、4、5日同居を繰り返すといいでしょう。
同居の際はメスにストレスがかからないよう、飼育施設を広くしたり、巣箱を2つに分けるといいでしょう。
しばらくするとオスから行動を開始します。
メスは最初はハリを逆立てますが、オスはメスの臭いをかいで逃げることはしません。
最終的に召すが背中をそらします。
交尾は4分前後で終わりますので、その後はすぐに両者を引き離しましょう。
妊娠の確認は体重の増加、お腹のハリなどで分かります。
体重の増加は2、3週で50g以上が目安ですが、個人差がありますので一概には言えません。
乳首も初産は1mm、経産なら2~3mm出ます。
後期にはおなかが大きくなり、寝床に新聞紙など巣の材料になるものを集め始めます。

繁殖期間と注意点

ではどのくらい妊娠器官があるのかというと、34~37日ほどです。
飼い主がすることは、ハリネズミが無事に出産できるよう環境を整えてあげることです。
妊娠コウキや出産直後に環境整備をすることにならないよう、早めにしておきましょう。
たとえば寝床を広くする、ペットヒーターを準備するなど、必要なものを揃え、飼育施設の掃除をしっかりと行います。
床材は出産後2週間はできません。
もしも母ハリネズミが育児放棄や死亡した場合は人工保育になりますので、ペットミルクやシリンジ、スポイトを準備しましょう。
また環境としては静かな場所がいいです。
妊娠中、育児中はどうしても敏感になりますし、神経質にもなりますから、落ち着いた雰囲気の中で子育てできるようにしてあげましょう。

妊娠中、母体を肥満にすることはいけませんが、栄養は必要になります。
食事は高たんぱく、質のいいものにします。
初期の段階ではあまり食べませんが、中期から後期には食欲が増します。
このあたりは人間の妊娠と似たところがありますが、ハリネズミの場合は食事の回数、量を調整してあげましょう。
水分も多めに摂るようになりますから、新鮮なものをあげましょう。
運動もある程度はかまいません。
ただし、回し車は出産前には撤去しなければ、動き回るようになった子どもには危険です。
室内の散歩も出産前は控えめにしておきましょう。