1. >
  2. >
  3. レンガは爪とぎに最適

レンガは爪とぎに最適

爪が伸びるとケガの危険が!

ハリネズミの爪は、放って置くとどんどん伸びていきます。
ハリネズミは人間のように自分で爪を切る事ができません。
野生のハリネズミの場合は地面を歩き回りますから、爪を切らなくてもいつでも適切な長さに保たれています。

一方、ペットのハリネズミの場合は歩き回る範囲が狭く、室内やケージは野生の地面にくらべてツルツルしているので爪とぎができず爪が伸びっぱなしになってしまいます。

ハリネズミはとてもデリケートな動物です。
爪もそれほど頑丈ではありません。
爪が伸びていると、どこかに引っ掛けてケガをする危険があります。
また、伸びた爪で体を掻くと皮膚に傷をつけることもあります。
そして傷ついた場所から雑菌が入ると、化膿して悪化することもあるのです。

このため、飼育されているハリネズミの爪は飼い主が定期的に切ってあげる必要があります。
しかしハリネズミは手足はとても小さいですし、爪には血管が通っているので慣れないうちは爪切りが難しいですよね。
ハリネズミが嫌がって暴れることもあります。

爪切りが苦手なら爪とぎを使おう

ハリネズミの爪切りが苦手、爪切りをしようとすると暴れるなどでうまく爪を切ることができない場合は自然に爪が研げる環境作りを試してみましょう。

おすすめなのが、レンガ素材の焼き物でできた植木鉢型のトンネルをケージに設置することです。
焼物の表面は細かなデコボコがあり、ザラザラしています。
その上を歩くことで爪が適度に研がれます。

これと同様に、回し車の内側に紙やすりを取り付けるのもおすすめの方法です。
ハリネズミが回し車の上で足を動かすたびに紙やすりのザラザラが爪を研いでくれるからです。
ただし、紙やすりを嫌うハリネズミもいますから嫌がるようなら中止しまししょう。

そしてレンガのトンネルや紙やすりをとりつけた回し車で、爪がちゃんと研がれて適切な長さになっているかをチェックしてださい。
紙やすりを貼り付けている場合は、適切な長さに爪が研がれたら一度外しておきましょう。
そして再び爪が伸びたタイミングで紙やすりを貼ってあげてくださいね。

快適に爪とぎができる環境を作ろう

ハリネズミは自分では爪とぎをしません。
爪をひっかけて折れたり剥がれたりといったケガを防ぐためには、飼い主が爪を切ってあげるか爪とぎ用の道具を用意してあげる必要があります。
植木鉢などレンガ素材のものや紙やすりを取り付けた回し車があれば、爪とぎに苦労しなくていいので安心です。

しかしなかには、爪とぎの環境がストレスになる場合もあります。
楽しく過ごせているか、爪は適度に研がれているかを常に観察して、快適に過ごせる環境を作ってあげましょう。