1. >
  2. >
  3. ハリネズミの飼育に適した環境とは

ハリネズミの飼育に適した環境とは

人気急上昇中のハリネズミ

小さい体で愛嬌のあるハリネズミは、犬や猫のように声を上げて鳴くこともなく、狭いスペースでも飼いやすいことから、近年マンションなどで1人暮らしの方が飼育するケースが増えています。

ハリネズミにも幾つか種類がありますが、ペットショップで販売されているのはピグミーヘッジホッグが多いでしょう。
危険が迫ると体を丸めて、トゲトゲのボールのような態勢になるのが特徴です。
もっとも慣れてくればトゲを立てることもなくなり、手のひらにのせて可愛がることができます。

環境作りは重要

ハリネズミの飼育をするうえで、もっとも気をつけたいのが環境づくりです。
ハリネズミには、気温が10度~16度を下回ると冬眠し、逆に気温が30度を超えてくると夏眠してしまうという習性があります。
もっとも気温に合わせて冬眠や夏眠を繰り返すより、温度を一定に保って常に元気で過ごすほうが、ハリネズミにとっては体への負担が少ないと考えられています。

そのため飼育ゲージ内を、常にハリネズミが暮らしやすいと言われる25度前後に保ってあげることがポイントです。
ペット専用の温度計をゲージに付け、冬場はペット用ヒーターで、夏場は直接風があたらないようにエアコンをかけて、適温の25度を保つようにしてください。

光熱費がもったいないと言っていてはハリネズミの体調を崩したり、場合によっては風邪をひいたり、脱水症状を起こして死なせてしまうことにもなりかねません。
ペットを飼う以上は、それ相応のコスト負担を覚悟してください。

水やエサなどの注意点

その他の、飼育環境を見ておきましょう。

お水は吸水器をセットして、常に新鮮なお水が飲めるようにしてあげましょう。食事は朝と夜の1日2回が適切です。
ハリネズミ専用フードがベストですが、入手困難な場合にはフェレットフードや犬猫用フードを与えることもあります。

もっとも硬いフードは食べるのが難しいため、水でふやかして与えるのが適切です。
野生のハリネズミは昆虫やミミズなどを食しているため、その柔らかさを念頭に置いてあげましょう。
またリンゴやバナナ、ミカンなどの果物を少量与えてもいいでしょう。
ただしふやかしたフードや果物は腐りやすいので、食べ残したら直ぐに処分し、毎回新鮮なものを与えて下さい。

なお、ペットショップで与えていたフードがあれば、初めは同じ物をあげるのが望ましいいでしょう。
というのも突然エサが変わると食べなくなったり、下痢をして栄養状態が悪くなってしまうためです。
他のフードを与える場合は、少しずつ新しいフードを混ぜ、徐々に切り替えるのが賢明です。