偏る

偏食対策

ハリネズミも偏食がある

ハリネズミはとても食欲旺盛で、私が飼っているハリネズミもたくさん餌を食べて毎日元気に過ごしています。
基本的には色んなものをよく食べるのですが、ときには偏食がある場合もあります。
偏食があるとやはりハリネズミの栄養分も偏ってしまい、それが続くと体調に影響が出てくることもあります。

そのため、できるだけ早めに偏食対策をすることが大切になります。
ここではハリネズミの偏食対策についてご紹介したいと思います。
ぜひ参考にして、好き嫌いのないハリネズミを育ててほしいと思います。

ハリネズミの偏食の2つの原因と対策方法

ハリネズミの偏食には大きく分けて2つの理由があることが多いです。
ひとつめは体調不良です。
体が弱っていると食事も受け付けなくなるものが出てきます。

人も風邪を引いたときに焼き肉を出されても、普段はおいしく食べることができますが風邪のときにはさすがに食べたくないと感じる方も多いのではないでしょうか。
ハリネズミも体調を崩しているときには、あまりボリュームのあるものやこってりとしたものは好まない傾向にあります。
体調不良の場合は様子から分かることも多いです。
偏食が見られるときには元気がなさそうにしていないかや、ストレスを感じている様子が見られないかをチェックしてみると良いでしょう。

体調不良はしばらく安静にしていると元に戻ることも多いですが、長期間続きそうな場合には早めに動物病院に連れていくことをおすすめします。
自分で対応をしようとしてもできることには限りがあります。
なるべく専門家の方のアドバイスに従うことをおすすめします。

もうひとつの偏食の原因は食事に飽きたり、好みが変わってきたということです。
人もだんだんと成長するとビールがおいしく感じるようになるなどの味覚の変化があります。
これと同じでハリネズミもだんだんと成長すると好みが変わってくるようになります。
この場合は体調には特に問題はないので、たくさん積極的に食べる餌を中心にしてあげると良いでしょう。

ただし、あまり偏りすぎるとハリネズミの体調に影響が出ることもあります。
そのため、ハリネズミの好物を中心としながらも、他の種類の餌も定期的にあげることをおすすめします。

偏食には気を付けよう

このようにハリネズミの偏食には2つの原因があり、それぞれに対策方法があります。
ぜひポイントをしっかりと押さえて、偏食になったときには適切な対処をしてほしいと思います。
偏食のないバランスの良い食事をしていけばハリネズミも長生きしてくれて、いつまでも元気に過ごしてくれますよ。
ハリネズミもそれぞれ好みの餌はことなるので、いろいろと試してみてほしいと思います。