命の大切さ・女性

繁殖の注意点

命を軽視してはいけない

もしもあなたがハリネズミの繁殖を望むのであれば、まずは命の重さを勉強しましょう。
たかが動物じゃないか、と思っているのであれば、あなたは繁殖には向きません。
生命に人間も動物も虫もありません。
人間同様、オスとメスがいなければ赤ちゃんを生むことはできませんし、お母さんのお腹の中で育って生まれてくるのです。
繁殖を希望する人の多くは、自分が飼っているハリネズミの遺伝子を残したいから、違う色を飼いたいからなど、様々な理由を出してきます。
ところが妊娠、子育てをするとどうしても神経質になってしまいますから、ストレスや体に対するダメージ、飼い主に対するストレスも増えていきます。
妊娠した途端に触らせてくれなくなる、近づくと怒るなど、ちょっとしたことから赤ちゃんの命にかかわることがあると、ハリネズミも防御の姿勢に入るのです。

ハリネズミが一度に出産する赤ちゃんの数は3~4匹です。
中には11匹生んだという事例もありますが、飼い主側が注意したいのは飼育環境です。
今ある飼育環境は赤ちゃんにとっていい環境でしょうか。
基本的に単独飼育になりますので、飼育施設は生まれた赤ちゃんの数の分だけ増やさなければなりません。
たとえばおき場所や時間、えさ代に床材など飼い主側の負担は大きくなります。
さらに病気にも注意しなければなりません。
1匹が病気にかかると、他の子どもたちも病気になる可能性が高いです。
すると病院代も高くなります。
繁殖する前に、生まれたら一生面倒を見るという覚悟をしなければなりません。
命に軽い重いはないのです。

里親を見つけるとき

もし周囲にハリネズミの飼育を希望する人がいたら、里親に出すことも考えて見ましょう。
以前は里親を探すのは大変でしたが、現在はネットで募集することができますので、すぐに見つけられるでしょう。
ただし、里親になる人がきちんと責任を持って育ててくれるかどうか、しっかり見極めなければなりません。
飼育する人全員がいい人ではないのです。
例えばなつかないから、家を荒らすから、想像以上に大きくなったからといった理不尽な理由でその辺に捨ててしまう人は多いのです。
問題となっているのはこうして捨てられたペットたちが野生化し、本来日本にはいないはずの動物が生態系を乱してしまうことです。
こうした事態を避けるためにも、適切な飼育環境を持っているか、責任感があるかどうか、見極める必要があります。

赤ちゃんだけではなく、母親にも注意してあげなければなりません。
出産というのはいつの時代も命がけです。
人間も出産で命を落とすことはあるのですから、どれだけ大変なことかわかるでしょう。
母親は出産後に死んでしまうこともありますから、まず母親に妊娠から出産、子育てまでできる体力があるかどうか見極めましょう。
母親は、子育てに環境が良くないと判断する、奇形や病弱など、赤ちゃんに何かしらの判断を得た場合、育児放棄や子食いをすることがあります。
動物には見られる行為ですから、自然現象ともいえるのですが、飼育下にある限り、環境に関しては飼い主の責任もあります。
また人工保育という方法もありますが、授乳は2時間おき、さらに母乳で育つ動物である以上、人工保育はどうしても弱くなる可能性は高いようです。
子食いは環境による可能性が高いため、飼い主は責任感を持って、妊娠や出産、子育てに最適な環境を整備してあげましょう。