1. >
  2. >
  3. 我が家の遊び道具

我が家の遊び道具

おもちゃは必要?

ハリネズミは基本的に遊び道具が要りません。
というのも、1匹飼いならケージはそれほど広くありませんし、基本的に寝るとき用の巣箱やチップなどの中にもぐりこんでしまって姿を見せることはないためです。
ペットショップなどに行くと分かるのですが、ハリネズミが売っていても、姿をしっかり確認できたことがある人は少ないのではないでしょうか。
夜、部屋を暗くしたときにゴソゴソ物音を立てて遊んでいる雰囲気を出すことはあります。
ハリネズミは夜行性の動物です。
ですから日中は寝ていますし、基本的に動き出すのは夜の9時から0時頃です。
部屋の電気を消すと、すぐにゴソゴソ音がしだしたり、回転車を回す音がし始めます。
ですから回転車を設置しない飼い主さんや、サイレントホールと呼ばれる、音のしないホイールを設置する飼い主さんもいます。

運動用としてよく使われるのがこのサイレントホールですが、もちろんメリットとデメリットがあります。
音がしないので夜もうるさくないと選ぶ飼い主さんが多いのですが、走行面はフラットにできていますので、小さな体でも踏み抜くことがありません。
さらに支柱などがないので、出入りするときにぶつかることもありません。
ただし、排泄物が下に流れにくい構造をしているため、ホイールの中で排泄すると踏み潰して掃除が大変になります。
ハリネズミはなぜかホイールの中で排泄することが多いようで、この問題に直面している飼い主さんは多いです。
その悩みを解決してくれるのがメタル製のサイレントホイールです。
隙間があるため、排泄物は下に落ちていきますから、個体が汚れることもなく、また洗いやすいのが特徴です。
ただし、支柱があるため頭をぶつけたり、小さな個体では足が穴から抜けてしまうことがあります。
もしも回し車を使用する場合は、それぞれの製品の特徴、メリットデメリットをしっかり踏まえた上で購入するといいでしょう。
メンテナンスをするときには、摩擦面がこすれるような音がひどくなってきたときに、潤滑油を差すという方法があります。
ペット用の潤滑油が販売されていますが、滅多に販売されていませんので、取り寄せるなどし、ペットがなめても大丈夫なようにしましょう。

お気に入りの場所は?

またハリネズミは狭いところが好きですから、トンネルを利用する方法があります。
暖かくなってくると外に出して遊ばせてあげたいですが、広い場所に放しても思い切り走り回ることはありません。
むしろ狭い場所を見つけてもぐりこみ、見つけるのが大変という事態になりかねません。
そんなときはトンネルを用意してあげましょう。
ペット用のトンネルも販売されていますが、たとえば塩ビ管など、トンネルの代わりになるものはたくさんあります。
シェルターとしても代用できますので、I字型、T字型など、様々なタイプを用意してあげるといいでしょう。
中にはラップの芯をトンネル代わりにする子もいますので、お気に入りを見つけてあげるといいでしょう。