1. >
  2. >
  3. 夜も安心のサイレントホイールとは?

夜も安心のサイレントホイールとは?

夜行性のハリネズミで困る回転音

ハリネズミを含む夜行性の哺乳類を飼育するときに大きなネックとなるのが、おもちゃ用の回し車です。
居宅に複数の部屋があり、夜間はハリネズミを入れたケージを寝室から離れたところに置くことができるならばよいのですが、ワンルームやマンションなどケージと寝室が近い場合にはどうしても夜の音が気になってしまいます。

昼間はそれほど気にならない回転音も夜の静かな時間帯になるとかなり大きく響くものなので、ハリネズミのせいで寝不足になってしまったという人も少なくありません。

夜行性であるハリネズミは夜中すぎにかなりの勢いで車を回すので、飼育前から「このくらい大丈夫」と甘く見ない方がよいでしょう。

そうした夜中の騒音対策として便利なのが「サイレントホイール」と言われる消音設計の回し車です。
こちらは「SANKOメタルサイレント」という名称で販売されている製品で、ペットショップやネット通販で購入することができます。

大きさもいくつかのバリエーションがありますので、ハムスターのような小さな動物からハリネズミやモルモットのような大柄のものまで幅広く対応しています。

メタルサイレントホイールはどこが違うのか?

私も実際にメタルサイレントホイールを購入してみましたが、感想としては満足しかありません。
ごく普通のプラスチック製の回し車の場合、値段は数百円くらいで購入することができるのですが、メタルサイレントホイールでは安くても1800円程度の価格となっています。

そのためちょっと高いかなと思ってしまう人もいるかもしれませんが、実際に使ってみるといほとんど全く騒音を感じなくなるため、コスパとしては十分に価値があると言えます。

サイレントホイールの中でもメタル製は最も高いですが、同じくSANKOの製品でプラスチック製の1000円以下で購入できる安いタイプのものもあるので、そちらも使用してみてはどうかと思います。

予算に十分に余裕があるなら、できるだけ大きな径のものを購入することをおすすめします。
径が大きくなるほど気持ち消音性が高くなるようですし、何より実際に使用するハリネズミにとっても動作スペースが増えて快適になります。

あえて難を言うとすれば、メタルサイレントホイールの場合には幼体に使用をしてしまうとまだ四肢の大きさが不十分であることから隙間に爪や足を挟んで怪我をしてしまう危険性があるということです。

使い方によってはホイールの部品に尻尾を巻き込んで大怪我をしてしまったペットの事例もあります。

もしこれから初めてハリネズミ用のケージを整えるなら、過去に使用をした人たちのレビューなどを参考にしながら体に大きさに合わせて回し車を選んでいくのがよい方法と言えます。