1. >
  2. >
  3. ハリネズミの特別なお世話

ハリネズミの特別なお世話

より快適にハリネズミに過ごしてもらうためのケア

ハリネズミを飼育するときには、まず基本的なケア方法をしっかり頭に入れておく必要があります。
ですがそうした基本的なケア方法とはまた別に、よりハリネズミとの生活を楽しむための特別なお世話があります。

特別なお世話は必ずしも行わなくてはいけないというものではないのですが、それをしてあげることでよりハリネズミが喜び、快適さを感じることができるようになります。

ただしそうした特別なお世話が生きるのも基本的なケアができてこそのことですので、最初からいきなりあれもこれもとしようとするのではなく、基本を踏まえた上で行うようにしてください。

基本的なケアについて先に書いておくと、「毎日のケージの清掃」「適切な温度管理」「餌と栄養管理」が挙げられます。

一方で特別なお世話として挙げられる項目としては「お風呂(シャンプー)」「爪切り」「外出」「しつけ・慣らし」といったえものがあります。

これらは飼い犬や飼い猫では必須となているものもありますが、ハリネズミにおいては必ずしもしなくてはならないことではありません。

ハリネズミの飼育に慣れてきて、ある程度ハリネズミの生態や健康管理がわかってきた人が余裕を持って行うようにしてください。

ハリネズミのグルーミングについて

爪切りやシャンプーといったケアのことを犬や猫では「グルーミング」と言います。
ハリネズミは基本的にケージの中だけで飼育するので特に爪切りやシャンプーをしなくてもよいですが、時々でも部屋の中に出して自由に歩き回らせれているならやはりグルーミングはしっかりやっておくようにしたい項目です。

ハリネズミの爪ですが、そのままの状態では鋭く尖った形をしています。
鉤爪状になっているため、ケージ内に木片などを入れておけば勝手に爪とぎをしてくれるので伸びすぎてしまうということはありません。

逆に言うとケージ内に木片のような爪とぎ用の設備がないと爪が伸びすぎてストレスがたまるとともに、長くなった爪が変形して皮膚に刺さってしまうこともあります。

爪を切る場合にはうさぎ用などの小型ペット向け爪切りを使用し、深爪をしないよう尖った先端部分だけを丁寧に切り取っていくようにします。

シャンプーについてですが、こちらは基本的にはハリネズミには必要がありません。
ですが回し車をしながら尿をしてしまったときなどは体中に糞尿がついてしまうこともありますので、臭いが強いようなら一度洗ってあげてもよいでしょう。

洗うときには洗面器や大きめのボウル用意し、37~38℃くらいのぬるま湯を数センチくらい入れておきます。
シャンプー剤は使用せず、ゆっくり水に体を慣らすようにして体を流してあげてください。