1. >
  2. >
  3. 日本のハリネズミ事情について

日本のハリネズミ事情について

ハリネズミは外来種であるという責任を忘れずに

ここ数年の間に起こったペットブームにより、犬や猫など一般的なペット動物以外を飼育したいというニーズが非常に高くなりました。

テレビのバラエティ番組でもゴールデンタイムに珍しい動物と生活をする人たちの様子を頻繁に放映していることから、自分も人とは違った動物たちとの生活をしてみたいと考える人も増えているようです。

そうした一般家庭で飼育される哺乳類のことを総称して「エキゾチックアニマル」といいますが、その中でも人気が急上昇しているのがハリネズミです。

ハリネズミとの生活は非常に楽しいものではあるのですが、反面で一般的なペット動物と異なることから世話が難しかったり、手に余る世話をしなくてはならなくなったりします。

非常に残念なことですが、テレビなどのブームに乗ってハリネズミを購入してみたものの、実際の飼育方法についてはほとんど勉強しなかったために結局飼育放棄をすることになる人も相当数います。

保健所などに持ち込むならまだよい方で、無責任な人になると勝手に野山に捨てるといったこともしています。

そもそも論としてペットとして飼育をしていた動物を捨てるという事自体が許せないことではありますが、それ以上に外来種であるハリネズミを自然に逃がすという行為には重大な意味があります。

ハリネズミはもともと日本に生息していなかった外来種です。
そのため自然に逃されてしまったハリネズミが近隣の生態系を大きく乱してしまうおそれもあります。

これからハリネズミを飼育することを考えるなら、まず何があっても終世買い続けるのだという強い決心を持つようにしてください。

日本では特定外来種として指定されています

現在のところ家庭用の飼育ペットとして認められているハリネズミですが、今後飼い主たちの行動によっては規制がかけられる可能性があります。

ハリネズミの仲間である「ナノハリネズミ」や「マンシュウハリネズミ」などは既に特定外来種として指定を受けており、原則的に一般の人が飼育することはできません。

ペット用ハリネズミも指定はされていないまでも注意すべき種類としてリストアップをされているため、これから無責任な飼い主が増えていくようなら厳しい規制がかけられるようになることもありえます。

全てのペットに言えることですが、生き物の命を預かるということは決して「かわいい」という気持ちだけでできることではありません。

毎日のエサ代もかかりますし、室内の温度設定をしたり、病気のときの検診に連れて行ったりと何かと多額の費用が必要になる場面もあります。

テレビ番組で無責任にペットの良い面ばかりを持ち上げることも問題ですが、それでも飼い主さん一人ずつの責任がもっとも重要であることは変わりありません。