1. >
  2. >
  3. ハリネズミのお値段
重り

ハリネズミのお値段

気になるお値段

つぶらな瞳にちょこまか歩く姿は、小動物の可愛らしさの集合体だと思います。
ペットを選ぶならその姿を間近で見れるというメリットも考えたいですね。
そんなハリネズミを飼おうと思ったとき、いったいどれだけの費用がかかると思いますか?
まず、そのものの値段ですが、相場は15000~30000円になります。
なぜこれだけ値段に差が出るのかというと、買う場所や色の人気によるものが大きいです。
値段が比較的安いのは、ハリネズミの取り扱いが多い都市圏になります。
あまり取り扱いがない地方は販売していないお店も多く、値段は高くなります。
いても状態があまりいいものではないこともありますし、それでも値段が30000円くらいするのです。
しかし都市圏は取り扱いが多くなるため、半額くらいの値段で購入することが多くなります。

色でも人気が分かれます

値段が高くなるのはシナモンで、スタンダードのソルトアンドペッパー系よりも高いお店が多いです。
さらにレアとされるピンク、ホワイト系などはより高い値段設定となっています。
また飼育環境やブリーダー、原産国の違いも値段に現れます。
外国で生まれたハリネズミは安井傾向があり、都市圏で購入すれば15000円くらいになります。
しかし育成環境が日本よりも悪いことも多々あり、輸入ダメージの影響もあって、病気にかかりやすかったり、人間になつきづらくなったりしていることもあります。
日本のブリーダーの元で生まれ育った場合は相場と同等か安い場合と、逆に高くなる場合があります。
これは日本で育成するほうがコストがかかるためで、温度管理や人件費などが絡んでくるからです。
なぜ値段に差が出るのかの理由は、安い場合は小規模または個人で増やしているブリーダーさんか、あまり育成環境が良くないということになります。
育成に関わる費用は、人になつくための訓練、えさの質などと様々なところにありますから、ブリーダーによってコストへ反映するのは分からないことではありません。

実際に必要なお金は?

ハリネズミを飼うのに必要なものはケージや回し車、小屋に床材、えさ、給水ボトル、えさ皿などです。
これらの費用を合わせると、およそ15000円が初期費用として必要になります。
さらに夏、冬は温度を維持するために様々なものが必要になります。
たとえば冬は冷えないためのヒーターとサーモスタット、さらにエアコンでの管理が必要です。
これでおよそ8000円と考えていいでしょう。
夏は涼しくすごせる工夫が必要です。
風通しのいい部屋を作り、ペットボトルを凍らせてタオルに巻いてあげるなど、工夫次第でエアコンは必要ありませんが、真夏の暑い時期などはエアコンなどに頼らざるを得ないこともあります。
そのときは、エアコンの風が直接当たらないようにケージの場所を工夫し、さらに直射日光を避けてあげましょう。
そうすることで、快適な環境を整え、飼育することができるのです。