1. >
  2. >
  3. WHS(ふらつき症候群)
ふらつく

WHS(ふらつき症候群)

ふらつき症候群にご注意

人もときどきふらついてしまうことがありますが、ハリネズミもふらつき症候群と呼ばれる症状が生じることがあります。
これは文字通りハリネズミがふらついてしまうという症状で、WHSという名称がついています。
何となく本格的な病気のような名称ですが、実はふらつき症候群はハリネズミにとってとても危険な症状です。

ふらつき症候群が生じると、ハリネズミの足が弱くなってしまいます。
足が弱くなることがふらつきの原因になっていますが、ふらつきだけでは終わらないのが怖い所です。
症状がさらに進行すると歩けなくなってしまうため、ハリネズミも元気に動き回らなくなってしまうのです。

ハリネズミはやはり元気に動き回っている様子を見るのがとても楽しいという方は多いと思います。
私もその一人ですが、もしハリネズミがふらつき症候群にかかってしまい、動けなくなってしまったら本当にショックだと思います。
また、ふらつき症候群は現代の治療では治すことができないのもポイントです。
一度なってしまったらその後治る可能性が低いので、ハリネズミにとっても、毎日の生活が楽しくなくなってしまうのです。

ふらつき症候群の原因は

ふらつき症候群の原因ははっきりとは解明されていませんが、あげるエサが関係していると考えられています。
ハリネズミ用のエサが市販されていますが、特定のエサばかりをあげているとハリネズミの健康を害してしまう可能性があると考えられています。
エサをしっかりあげることは必要ですが、きちんと栄養バランスの取れたものをあげないと、逆に大きな病気になってしまう可能性があるのです。

そのため、市販のエサだけでなく他のエサもバランスよくあげるなどして工夫していきましょう。
私もハリネズミたちのエサには日々気を遣っていて、どんなエサが良いのかを日々工夫しています。
この工夫自体が私の楽しみでもあるのですが、こうしてバランスに気をつけていれば、ふらつき症候群を抑えられる可能性が高いです。

また、栄養補助剤という食品を与えるのもおすすめです。
これなら足りない栄養分を補うことができるので、さらにバランスの取れた食生活に繋がります。
とくにビタミン不足はふらつき症候群になる可能性をさらに高めるのではと考えられています。
ひとにとってもビタミンは大切な栄養素ですが、これはハリネズミにも同じことがいえるのです。
あなたのハリネズミにもビタミンをしっかり与えてあげると良いでしょう。

環境も大切

ふらつき症候群の予防にはもうひとつ環境もとても大切です。
ハリネズミが快適に過ごせる環境が良いと考えがちですが、実はこれは一概に良いとはいえないのです。
抵抗力を弱めてしまうためです。
以上のポイントを守って、ふらつき症候群を防ぎましょう。