1. >
  2. >
  3. 旅するハリネズミ
地球

旅するハリネズミ

ハリネズミは旅をするのか?

日本でも海外でもハリネズミを飼っている人はいると思います。
そのような方はもちろん家の中でゲージなどに入れて飼っているでしょう。
もしかしたら旅行に行くときは一緒に連れて行く人もいるかと思います。
しかしそれも数日の旅となってすぐに自宅に帰ることでしょう。

さて、ハリネズミが旅したいともしも思っているなら、世界中を駆けめぐることは可能なのでしょうか。
もちろんやはりハリネズミだけだと長い距離を移動するのは無理でしょうが、飼い主と一緒なら世界中を旅することも可能かもしれません。

アメリカを旅するハリネズミのBiddy

アメリカのトラウトデールに住むToniDeWeeseさんとTomUnterseherさん。
交際4年目の二人は、一匹のハリネズミを飼っており、名前をBiddyと言います。
ハリネズミはピグミーヘッジホッグのオスであり2歳半です。
二人の住んでいる場所の近くにはサンディーリバーパークやコロンビア川などの大自然が沢山あり、週末になると二人で様々な自然豊かな場所に行くのが趣味です。

そんな旅行のお供には必ずBiddyも連れて行きます。
時にはポーチの中に入れて連れて行ったり、手の中に収るぐらいの大きさであり、まだ小さいハリネズミです。

そんなBiddyとの旅行の様子はインスタグラムで写真として公開しています。
今ではそのフォロアー数は40万人以上と大変人気があります。
Biddyのアカウントは、インスタグラムの中でも上位5%に入るほど大変人気があります。
そして、インスタグラムで人気があるばかりではなく、世界中のニュースサイトでも取り上げられる程であり、その人気はますます広がっていきます。

アメリカではハリネズミの飼育が許可されていない州もあるために、アメリカ全土何処へでも連れて行けるというわけではありませんが、二人は前からアウトドアが趣味であり、最近では毎週末になるとどこへ行くか楽しみにしているようです。

参考 : 冒険するハリネズミ

旅行を楽しむBiddy

二人に様々な場所に連れて行かれてしまうBiddyですが、インスタグラムの写真を見ると、もちろん可愛らしいですが、Biddy自身も旅行を楽しんでいるような表情を見せてくれます。

毎週二人が様々な場所に行って、手の平に乗っているBiddyの姿は愛らしいものがあります。

とても可愛いので世界中でBiddyのファンはいるのですが、中には心配する人もいるようです。
ハリネズミは可愛いですが、やはり飼うとなるとそれなりの手間がかかり大変であり、可愛いという面だけではないのです。
もしもBiddyを見て可愛いと思って飼いたいと思うなら、ハリネズミがどういう生き物であり、どのようにして飼うのか、飼うにはどのようなことをしなければいけないか調べて、考えてから飼うようにするべきでしょう。
決して衝動買いして、野山に捨てるようなことになってはいけません。