1. >
  2. >
  3. ハリネズミカフェが人気を呼ぶ理由

ハリネズミカフェが人気を呼ぶ理由

近年増えてきたハリネズミカフェ

動物系カフェといえば、猫カフェやフクロウカフェなどたくさんの施設が全国にあります。
その中にあって、変わり種として人気があるのがハリネズミカフェです。

ハリネズミカフェというのは言うまでもなく店内に実際のハリネズミが置かれており、自由に触れることができるようになっているというお店です。
ブームの先駆けになったのが2016年にオープンした「HARRY」というお店で、六本木に一号店ができるとマスコミなどで大きく取り上げられました。

この「HARRY」のシステムは平日30分1000円、土日祝は1300円で入場できるようになっており、店内に30匹程度いるハリネズミを見ながらお茶ができるというものです。
ちなみにハリネズミカフェという形態での営業は世界でも日本が初めてということで、日本人だけでなく海外からの旅行客も多く訪れています。

店内のハリネズミたちはおとなしい性格をしており、初めてハリネズミという動物に触れるという人にとっても十分に魅力が伝わってくるでしょう。
ただ、生態を商売に用いるということについては否定的な意見も一部であり、動物愛護の意識の高い国の人たちからは色々な意見が聞かれています。

それでも、珍しいハリネズミを間近に見ることができるカフェは多くの人の心を掴んでおり、現在もお店を増やして営業を続けているのです。

人気の理由、ケージの工夫

ハリネズミカフェの最大の魅力は、その動物としての見た目の愛らしさです。
成長をしても人間の手のひらサイズであるハリネズミはとてもかわいらしく、丸い瞳と小さな耳という見た目は、初めて見た人でも思わずキュンときてしまうでしょう。

ハリネズミカフェは前述した「HARRY」がパイオニアとなり、現在では後発の参入企業も店舗数を増やして営業しています。
猫カフェと比べると店舗数は圧倒的に少ないのですが、その分一店ずつの個性が際立っているというのが特徴です。

中でも注目なのが渋谷区の宮益坂にある「ちくちくCAFE」というところで、ハリネズミカフェとドールハウスを融合させた、全く新しい感覚の内装と言えるでしょう。
店内にあるハリネズミのケージは、それぞれの体の大きさに合わせたお家になっています。
ソファでくつろぐ様子や和室で向かい合う様子など、まるでひとつの芸術作品のような展示を楽しむことができるようになっているお店です。

ハリネズミが展示されているケースは店内に複数置かれていて、入店後は好きな席を選びながら、それらの様子をじっくりと見て楽しめます。

もちろん写真をとったり手に乗せてみたりということもできるので、ハリネズミの魅力をたっぷりと楽しんでみましょう。