1. >
  2. >
  3. ハリネズミの平均体重は?

ハリネズミの平均体重は?

大人のハリネズミの平均体重、成長による変化

ハリネズミにもいくつか品種がありますが、その中でも現在ペット用として最も多く見かけているのが「ピグミーハリネズミ(ヨツユビハリネズミ)」です。
ヨツユビハリネズミというのは、後ろ足の指が4本であることから付けられた名前です。

ピグミーハリネズミの体長は17~23.5cm、尾長が1.7~5cm、体重は230~770gくらいとなっています。
これは他のハリネズミの種類と比べると小型で、大人の人の手のひらにちょうど収まるくらいのサイズです。

参考までに、ヨーロッパ地域に生息しているヨーロッパハリネズミや地中海東岸で見かけられるナミハリネズミなどは、ピグミーハリネズミよりも一回り体が大きくなっています。
メスよりもオスの方が若干大きめとなり、同じハリネズミでも体の大きさがかなり違うということもあるようです。

ハリネズミの平均寿命は約5年とされており、他の哺乳類のペットと比較するとやや短めです。
逆に言うと、生まれてから成体になるまでの時間がそれだけ早いということになりますので、幼体のうちは栄養価の高いエサを中心的に与えていくことが必要になります。

具体的には生後6週間ほどで親離れをし、自分でエサを探して食べることができるようになります。
この頃になると成体のエサを同じように食べるようになり、生後2ヶ月くらいにはすっかり体の大きさが十分なサイズになるでしょう。

ですので、だいたい生後2ヶ月くらいの体重が、そのハリネズミにとって適切な数値と考えられます。

ハリネズミの体重が増えない原因と増やす方法

ここ近年問題になっているのがペットの肥満ですが、ハリネズミの場合はあまり体重が増えすぎて困るということはありません。
というのもハリネズミはとても代謝の良い体の構造をしており、毎日のエサとして高カロリーの虫などが必要になるからです。

小型脊椎動物であるトカゲや昆虫などは食品としてカロリー値が高く、少量でもかなりの栄養を得ることができます。
逆に言うと、他のペット用のエサを代用しているとどうしても栄養価が足りず、ハリネズミの体重が落ち続けてしまうことになります。

ペットショップではハリネズミ専用のペットフードが販売されていますが、それらはきちんとハリネズミにとって必要な栄養で作られています。
この種のペットフードではカルシウム類が多く含まれているのですが、それでもやはり直接昆虫を与えるのとは比べ物になりません。
毎日のエサに必ず生きた昆虫を与える必要はありませんが、時々は副食としてミルワームやコオロギといったものを与えるのが良いでしょう。

なお、生きた虫が苦手という飼い主さんのために缶詰タイプもあります。