1. >
  2. >
  3. 国産はりねずみ

国産はりねずみ

国産と外国産の違い

ハリネズミでも海外で育てられたものを輸入した場合と、国内のブリーダーが育てた場合との2種類あります。
海外で育てられたハリネズミは、日本に輸入する間の長時間の旅がストレスだったり、すでに病気にかかっていたりするので、比較的安価で売られている場合が多いです。
それに対し日本のブリーダーによって育てられたハリネズミは、飼育環境もしっかりしていたり、健康管理も行われていることも多いので、外国から輸入したハリネズミよりも値段は高いです。

飼うならどちらのハリネズミが良いか?

飼うならやはり国産ハリネズミの方が良いです。
外国産のハリネズミは、小さなスペースで一度に多数のハリネズミを繁殖させていたりしており、病気が蔓延していたり、喧嘩によって怪我をして体の一部を損傷していたりします。
また小さい頃から母親から離して輸出したり、人にならすという行為も行っていないこともあります。
十分に母乳を飲んでいないので、免疫力が弱く病気がち、体力がない、体が弱いハリネズミが多いです。

それに対し、国産のハリネズミだと上記のようなことがなく、販売者がしっかりと管理して育てた場合も多いです。
長い間ハリネズミを飼いたいなら、やはり少し値段は高いですが国産のハリネズミを買うべきでしょう。

価格について

ハリネズミの価格は場所や店、外国産か国内産かでも大きく違います。
相場としては1万5千円~4万円ぐらいであり、当然ながら外国産のハリネズミの方が安いです。

またブリーダーが販売するハリネズミはどれだけ手間をかけたかでも値段は違ってきます。
人慣れさせたり、エサを良質なものにしたりと、手間をかければキリがないので、このコストは販売価格に反映されます。

国産のハリネズミでも販売価格が安ければ、それだけ手間暇をかけていないということになりますので、そのようなハリネズミは買わない方が良いです。

どのようなハリネズミを買うべきか

出来るだけ長い間飼いたいなら、手間暇かけて育てられたハリネズミを買うべきです。
その中でも国産のハリネズミを買うべきであり、
・誕生日や親兄弟がわかっている
・食べ物は何を食べていたか
・離乳まで母乳で育てられていたか
・人にはなれているか
このあたりが分かっているハリネズミを買うべきです。

何を食べていたかわかれば、購入した後もそのエサを与えるのが良いです。
また離乳まで母乳で育てられていれば、免疫力もついているので病気になりにくいです。
人慣れしているかどうかと言うのも重要であり、これは個体差によっても大きいですが、人のいる環境で育てられたなら、飼い主のあなたにも比較的早く慣れるようになります。
一番理想的なのは、国産ブリーダーから直接買うと、上記のようなことが詳しく分かります。