1. >
  2. >
  3. 恒例のお風呂タイム
お風呂

恒例のお風呂タイム

お風呂に入れよう

我が家のハリネズミたちは時々お風呂に入っていますが、これはもちろん目的があってのことです。
基本的にハリネズミは自然で野生の生活をしていますし、水浴びをすることはありません。
ですが寄生虫がひどいなど、理由があれば入浴もできるようです。
我が家が入浴タイムを設けるのははっきり言って汚れやダニがひどいからです。
汚れというのは排泄物が主で、回転車などの上で排泄して踏んでしまうんです。
また温めてはいるものの、ダニがいないわけではありませんし、ダニの死骸も体についてきます。
よく動画サイトなどに、ハリネズミの入浴シーンが投稿されていますが、本当に気持ちよさそうですよね。
うちの4匹も例外にもれず、気持ちよさそうに入浴してくれるのですが、温度には気をつけなければなりません。
ハリネズミはご存知の通りハリで覆われています。
このハリには石鹸、水分が残りやすくなっており、放っておくと皮膚病につながります。
さらに汚水が目、鼻、口に入ってしまうと、感染症にかかり、病気に弱いと死亡してしまう可能性も十分あります。
ですから洗った後は乾いたタオルで水分を十分にふき取らなければなりません。
ダニはけっこうしつこいので、お風呂だけで取り除けないこともあります。
水嫌いの子も中にはいますから、入浴するときには木切れなどを入れておくと安心するようです。

それでも水が嫌、という場合は砂浴びという方法があります。
この砂浴びは自然でも行われることですから、寄生虫の除去に非常に効果的です。
砂浴び用の砂をケージに入れてやると、うちの子たちも非常に嬉しそうな顔と行動をします。
興奮しているのか、砂浴びの時に跳ね上げる砂の量もすごいです。
ただし、砂に関してはある程度注意が必要です。
砂浴びをするときは、小型の容器を使って、飛散しても大丈夫なようにします。
使う砂はペットショップなどに行くとテグーやチンチラ、ハムスターなどが使う砂がありますので、買っておくといいでしょう。
猫の砂は用途が違うせいか固まってしまうため、体を傷つけるものになってしまいます。
容器を密閉してしまうと砂が目などに入り、病気を引き起こしますから止めておきましょう。

ストレスのない程度に

割と暖かくなってくると汚れと一緒に臭いが気になり始め、入浴をさせてあげたくなります。
ただ、人にも好き嫌いがあるように、ハリネズミにも好き嫌いがありますから、無理に入れる必要はありません。
たとえばバケツに少量のお湯を張って、歩かせるだけでも十分きれいになります。
飽きる頃にはすでにきれいな足の裏になっていますから、臭いもそれほど気にならないでしょう。
我が家の4匹も最初はこの方法でお湯に慣らさせました。
ストレスに感じてしまうとすぐに弱ってしまうので、自然と慣らせることが何よりも大切なことかなと思います。
不安がある場合はペットショップの人に相談してみてもいいかもしれません。