1. >
  2. >
  3. わっちの脱走
脱走・ハリネズミ

わっちの脱走

わっちの為にちょっとした改造を

うちのハリネズミは大抵、部屋に簡易的なトイレを3箇所ほど設置していて、みんなそこでしてくれているのでとても助かっています。
ですが、一匹わっちだけ家のトイレがいいらしく、たまに散歩中に家に入りたそうにしているので入れてあげるとトイレをするということがしょっちゅうありました。

なので、私は一大決心をし、プラケースの一部に扉をあけ、わっちが出入りできるように改造したのです。
扉から部屋に下りるときは板でスロープを作ってあげました。
そうしたら、わっちだけ、散歩中に家に帰ってトイレをするという几帳面な事をしだしたのです。
それはそれでよかったのですが、一度だけ、この扉式にしたがための脱走が起きたのです。

わっち、まさかの脱走!

まさか、脱走は起きないだろうといえる外側からの簡易的な鍵、内側のわっちからは開けるのが無理になります。
脱走の時は、えっとですね私が鍵をかけ忘れました・・・かなりアホすぎます。
でも、比較的早くわっちは御用となり早めのご帰宅となったのです。
というのも、寝て1時間後に御用となったので、そんなに歩き回ってはいないと思われます。
見つかったきっかけは何とも単純な理由からでした。

このときの季節は冬、わっちは脱走して歩いている時に私が寝ている布団を見つけ、なんて素敵な潜る場所があるんだろう。
と思ったか思わなかったかは知りませんが、布団に潜ってきたのです。
わっちはずんずんと布団に潜ってきて、私の足に当たったようです。
わっちは敵だと思い、思いっきりシューシュー言って攻撃?威嚇?してきました。

この状況で大体、お察しがつくと思いますが、普通に寝ていたところに突然足に激痛が走り起きたのです。
はじめは訳がわからなかったのですが、布団の中から明らかにハリネズミのシューシュー音が聞こえてきました。
するということで開けてみたらわっちがすごい怒った顔でシューシュー言っていました。

何でいるの?とビックリしたのですが、それ以前に、思い起こしてみたら鍵を閉めた記憶がないのです。
たまたま手をかけたら開いたのでしょうね。

ほほえましい光景でしたが…

ちょっと面白いなと思わず笑ってしまったのですが、普通のペットだったらここで「今日は一緒に寝ようか?」なんてほほえましい光景になるんでしょうが。
相手は半数近くの割合で針所有のわっちさんなんで、一緒に寝ることは当然出来ず、怒っているわっちさんをすまないと思いながら家に戻したのです。

そんなこんなでうちの脱走犯は今のところわっちさん、一匹ではあるのですが、安心して再び寝ようと思い、寝ていると何か一ヶ所、足が痛いんです。
何で痛いんだろうと痛い部分を見ても何もなく、また寝ているとちょっと違う場所がまた痛くなってしまいました。
まさかと思い、布団を開けてみると、わっちの針が一本、布団に残っていました。
そんなに頻繁には抜けないのでまさかないだろうと思っていたので驚きましたが、針も取ってやっと寝ることが出来たのです。
でも、何だか次の日は睡眠不足になっていました。