1. >
  2. >
  3. ハリネズミが家に来た時に気をつけてあげるようにすること

ハリネズミが家に来た時に気をつけてあげるようにすること

ハリネズミを飼育している時にまず注意してあげないといけないことが、
ハリネズミは夜行性の動物ということです。
夜行性なので昼間はもちろん、寝ています。

飼育している人間から見ていると丸まって動かないのですからもちろん、つまらないかと思います。
ですが、つまらないからといって色々とちょっかいを出したり、
起こしてしまってはハリネズミにはものすごい負担にかかってしまうことになると思います。
なので、昼間は気になったとしても絶対に起こさないように、
そして、ちょっかいを出さないようにしましょう。

後は、仮に夜になってハリネズミが起きたときも、すぐに触ろうとしないほうが良いでしょう。
起きて、ご飯や水を飲んでちょっと落ち着いてからのほうが良いと思います。
もし、家に来たばかりなどのハリネズミですと、よくわからないけど何か環境が変わった。
といった警戒心は持ちますので、来てからの場合は3日から一週間ぐらいは
できれば様子を見るだけにしてむやみに触ろうとしないほうが良いでしょう。
もし触ろうとしてもハリネズミは多分、威嚇して丸まって怒るばかりでしょうし、
環境が変わったことによって体調を崩すハリネズミも出てくるからです。
なので、うちにハリネズミが来た時も本当は触りたくて触りたくてしょうがないのですが、
一週間ぐらい放置して、エサとかをあげて様子を見るようにしています。
こういった生活を繰り返していると手を見てもあまり怒らなくなってきますし、
最初に手が怖いものといったインプットはされないみたいです。

このことは他の小動物の飼育でも同じ注意事項になると思います。
あまりたくさん遊ばせすぎたり、触る時間が長かったりすると疲れから衰弱してしまうことも
あります。
見た目には針に覆われていますので強そうに見えますが、
警戒心が強いデリケートな子でもあるのです。
ですから、扱う際には最初はなおさらですが、遊ぶ時間帯を少なめにするのがポイントです。
最初は5分ぐらいとか10分ぐらいでやめておいて、
後はおうちの中で遊んだり動いたりしている所を見たりしているほうが無難だと思います。

あまり長く触ったり構ったりするのは多分、寿命が短くなる可能性も出てきます。
家のハリネズミも、やっぱり掃除の時や、部屋で遊ぶ時に持って出すといったぐらいで
それ以外は触らないようにしています。部屋で遊ばせているといっても自由にさせてあげています。
ちなみに持つ時は針が心配でしたら軍手などを準備して持つと良いです。

お腹は針がありませんので、横のお腹の辺りから両手で救い上げるようにして持ってみてください。
ごくまれかもしれませんが、人によっては素手で持つ人もいます。
持っているときに丸まってしまいハリネズミの針の先に当たった部分は
人によって赤くぽつぽつした感じになってしまうと思います。
ですが、基本的には念のために軍手をするようにしましょう。
持ったりするのは必要最低限にして、生活に馴染んでもらえるように
飼い主さんもお世話してあげてください。