1. >
  2. >
  3. ハリネズミのお家

ハリネズミのお家

どんな家がいいの?

ハリネズミは大体、ペットでの飼育の場合、6年から10年ぐらい生きるといわれています。
その年月の間どんなことがあっても自分の家の大事なペットして、しっかりと世話をしてあげることが出来ると思ったらハリネズミを飼うことは可能ではないかと思います。
とはいっても猫みたいに家の中で自由にウロウロ。というわけにもいきません。
しっかりとハリネズミのお部屋などを買って準備してあげるようにしなくてはいけません。
まず、ハリネズミのお家についてです。

ラビット用ゲージ

3つほど候補があります。
まずはラビット用ケージです。ラビット用ケージも足が引っかかりそうなものは向いていません。
ラビット用ケージは一度、試したことがあるのですが、やはり足が引っかかってすぐに使わなくなった記憶があります。
ある日、うちのハリネズミのピキピキがものすごい鳴いていました。
というよりは叫び声です。ビービー叫んでいるような声。
ふと見てみるとピキピキがケージの檻状の間に足が挟まってしまったのです。
泣き叫ぶ前に見たら壁際で立ち上がっていたのでそのままコロンと転んでしまって変な風に足が挟まってしまったようです。

助けようとして持とうとしたらピキピキも動転しています。
パニック状態なので私が助けようとした手も敵に見えたのでしょう。
手のひらを思いっきり噛み付きました。
痛いんです、これがまた。
噛み付かれたまま私は手を上に上げたときに丁度、足は外れました。良かったです。
いや、よくありません。ピキピキが噛み付いたまま離しません。
手のひらに噛み付いてブランブランになっているのです。
別の場所に下ろしてあげてちょっとしたらようやく離してくれた感じでした。
2、3分は噛まれっぱなし。私の頭の中にはこいつ、スッポンか?という疑問。
その日にウサギ用のケージは退却、プラケースに変更になりました。
なので、ラビットケージはおすすめはしたくない一つです。

むしろ、危険性がないラビットケージってあるのだろうかという謎もあったりします。
でも、夏などの暑い時はラビットケージのほうが通気性が良さそうでいいなと思ってしまったりします。

水槽

もう一つ、候補で挙げられているのは水槽です。
水槽だと足が引っかかるということがありませんのでおすすめですね。中も良く見えます。
ただ、ハリネズミって夜にとても活動します。
夜中にエサを探して何キロも歩き回ったりします。
昼間は寝っぱなしなのでそんなイメージがないでしょうけど、夜、動き回るハリネズミのためには大きな水槽を買ってあげる必要があると思います。
70センチ以上あると良いと思います。重量があるので掃除の時にちょっと大変かもしれません。

プラスチック製のケース

もう一つの候補はプラで出来た衣装ケースです。

これも、安く買えるほうですから大きいのを買ってあげてください。
しかも共通して、深さが30センチ以上あるほうが良いです。
押し入れ用の70センチぐらいのが売っていますので、引き出しタイプでない、上がふたになっているタイプを選びましょう。

大きい、深いプラケースを買ってあげてください。
ちなみに家の場合、押し入れ用の上がふたになっているやつです。
74cmで深さが35cm、押し入れ用ということで、下にキャスターがついています。
家のふたはそのまま使うと窒息してしまいますから密閉しないように上の部分に穴を開けて100均で売っているようなワイヤーラックなどをつけるなどして工夫してあげてください。