1. >
  2. >
  3. ハリネズミの飼育に飼育なグッズ~寝床や回し車~

ハリネズミの飼育に飼育なグッズ~寝床や回し車~

ハリネズミブーム到来か!?

ハリネズミは愛らしいその姿からペットとして徐々に人気を得てきている動物です。
食虫目といって昆虫やミミズを食べる動物の仲間のハリネズミは、その大きさが23センチから32センチとちょうどねずみと同じくらいの大きさなため、名前に「ネズミ」と付いているのですが、実はねずみの仲間・げっ歯類とは遠く離れた仲間の動物なのです。
足が短くて、コロンとした体型なのであまり早く走れずに、危険を感じると体を丸くして針だらけのボールのような姿になって身を守るところがたまらない可愛で多くの人の心を捉えています。

飼育環境を整えよう

そんなハリネズミをこれから飼いたいというかたはまず飼育環境を整える必要があります。
ハリネズミは飼育施設を用意してその中で飼うのが一般的で安全です。
ハリネズミに適した飼育施設はケージ衣装ケース水槽などが挙げられます。
ケージはハムスター用などがサイズ的に適していますが、出来るだけ塗装がされていないステンレス製のものがおすすめです。
風通しがよく、こまめに清掃することで清潔に保つことができます。
ただし冬場は低温になってしまうので必ずヒーターと併用して使うようにしましょう。
水槽や衣装ケースで飼育されている方も多いようです。
周囲が透明なので観察しやすいというメリットがありますが、飼育箱から取り出すときに上から捕まえるようになるのでハリネズミをびっくりさせてしまうこともありますが、冬場は保温しやすいというメリットがあります。
衣装ケースなどは価格が安いため、こまめに買い換えていつでも清潔に保つこともできます。

こうしたケージや飼育箱には床材を敷くようにしましょう。
ウッドチップや猫砂、うさぎ用のチモシーなどが多く使われています。
ハリネズミは暗いところを好むので飼育箱には必ず寝床となる場所を作ります。
入り口が小さい箱などを隅に置くと喜んで休むでしょう。

回し車の準備も忘れずに

またハリネズミは夜間に獲物を探して行動する夜行性の動物です。
狭い飼育箱の中で飼育すると運動不足になってしまいますので必ず遊びながら運動できる設備を入れましょう。
ハムスター用の回し車などを入れてあげると運動するハリネズミもいますし、砂などを入れて穴掘りをさせてあげるのも良いでしょう。
虫などを追いかける習性があるので虫を捕まえて飼育箱の中に放つと探して運動することになり楽しめます。
このようにハリネズミを飼うには適した環境づくりがまずは必要になってきます。
しっかりと飼育環境を整えてハリネズミを迎えてください。